Blogブログ

2024.6.24  夏至

東広島のヨガ教室utataです。

梅雨入りし、紫陽花の季節になりました。
紫陽花をみると、子供の頃にかたつむりを
捕まえていたことや、教室でも飼育ケースに飼われていたことを
思い出します。

今はどうなのかな。
最近は菌が危ないからと
触ってはいけないよと教えられているものも
増えているのかもしれません。

目玉をつんつんしたら
ひっこめるのが面白くて
よく遊んでいましたが
今では絶対に触れないです。

同じ私なのに
情報が入ると態度も変わってしまうのですね。

先週は日帰りで京都の病院に研修に訪れました。

実際の患者さんにインドのヨーガの先生が(現在来日中)
症状を改善するためのヨーガの処方箋を出していくというものなのですが。
心疾患・ステロイドを吸入している喘息・脊柱管狭窄症などなど。
患者さんがいらっしゃって、ヨーガの処方をうけていました。

その場にはいらっしゃらなかったけれど
慢性腰痛の患者さんについての話があり

どうやったら腰痛が治るのかという事について

医師・理学療法士・鍼灸師の3者が集まって
原因を探ったり、治療を試みるのだけど
どうしても治らない。

というような話もありました。

医療とヨーガはタッグを組むといいなと思います。
医療は主に肉体を見ますが
ヨーガでは心やエネルギー、生活環境、患者さんの考え方、何を食べ、何がストレスになっているのかという
目に見えないけど身体に影響を及ぼしている原因に的を当てます。

カウンセリングには時間をたっぷりかけ、
ゆっくりと向き合ってもらえるような
安心できて信頼できる場所があれば
病気になることを不安やネガティブなものとして思うことが
減っていき、恐れが少なくなり、
歳を重ねていく不安も減る世の中がくる気がします。

utataの普段のヨーガクラスでは
実際に患者さんに処方される内容と
同じものを沢山取り入れていますので
来てくださる皆さまにとって
病気の予防になるといいし、
不調との向き合い方を知って
生活を整えることのできるように
お役に立ちたいと思っています。

派手な事をするヨガスタジオではありませんが
身体や心と向き合って
小さな問題から大きな問題まで
解決するにはどうしたらいいかを
一緒に考えて寄り添えるヨガスタジオで
ありたいなと改めて感じて帰ってきました。

ご縁を繋いでくださっている皆さまに
御恩送りのできるように。

信頼に向けてもっと欲張りに。

夏至の決意。
感謝。

京都のレトロ喫茶店
定員さんのおススメを注文。

あ~誘惑に負けた・・・

関連記事

営業日カレンダー