Blogブログ

南インド part2

インドの日々~続き~

週に1度の外出のひとこま
インドのお花屋さん
可愛いです

ハヌマーン洞窟
かなり標高が高いところにあって
途中途中にハヌマーンがいて。
はあはあいいながらやっとのことで洞窟に。

この洞窟の中に小さなハヌマーンの像があって、その像の頭からゆっくりオイルをかけて祈ると悪いカルマを取り除いてくれるといわれています。
マントラを唱えながら歩き、儀式にのっとって祈りを捧げました

アーユルベーダクリニックの牛 
名前はラクシュミーとパールバティー
茶畑の無農薬の草を食べている
なんともすてきな牛たち。

神様が身近にある国です

新鮮なミルクでチャイや ギーをつくり
牛の糞を乾燥させて料理の時の燃料にして使います。


クリニックのまわりの茶畑
新芽の季節なので 手作業で茶葉を刈り取り、袋いっぱいになったら頭にのせて運ぶ様子です

標高の高いところの茶葉でいれた紅茶は本当においしいです

ヨーガ

歩くだけでハーブの香りがするその先に
ヨガホールがあります

大好きなヨガの時間
ドはまり


純粋に自分の身体のためだけのヨガをしたのは久しぶりでわくわくの日々。
素晴らしいヨガの先生。
無口だけど
歌がめちゃくちゃ上手い
大切なことをたくさん教えてもらいました。

褒めるときは
『Om Nama Shiva』と言ってくれるんです。
強面なのにこう言われると
心底にんまりしてしまいます。

まだまだヨガを受けたかったな。

言葉なくしてもヨガで通じ合える
人種を超えているところが最高にいいです

ヨーガとアーユルベーダ
時々クラスで唱えるパタンジャリのシュローカの中に
ヨーガによって心のなかの
アーユルベーダによって体の中の不浄を取り除くという一節があります

ヨーガの生き方に出会えたことに
その恩恵を感じれることに
遠いインドの空の下に
同じ太陽を見て同じ月を見て
生きている人々に
感謝します
私にパラダイムシフトを与えてくれる国

インド滞在中に空爆のニュースがありました

肌の色 考え方 文化 
何もかもが違っても
分かり合えないとしても
それぞれにはみんな大切な人がいて 生きている
命の価値は同じ
地球から傷つけあうことが
なくなりますように

帰りはインドの満月を眺めながら
スムーズに帰ってきました。

インドから帰るときにはいつも
もう行かなくていいな・・
これが最後だな・・・
そう思うのに。
少し経つとまた行きたくてうずうずする。
いつ行こうかと考えてしまう。
インドって何。

関連記事

営業日カレンダー